診療科目・専門外来

《診療科目》
神経内科

《専門外来》
頭痛外来もの忘れ外来(認知症外来)

パーキンソン病外来 ・ 睡眠時無呼吸外来 ・ 漢方相談


レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)外来

<その他の外来>
神経難病 生活習慣病:高血圧症、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、メタボリック症候群など
慢性期脳卒中(脳梗塞、脳出血など) 予防接種
 AGA:男性型脱毛症:プロペシア療法 ED:レビトラ療法


《ご注意》
神経内科は、心療内科や精神神経科とは全く違う科です。
当院では、心療内科や精神神経科の診療はしていません。
また、小児の診療は行っていません。

外来解説
 神経内科とはのいろん「神経内科とは」神経内科で扱う主な疾患・症状

頭痛外来
    頭痛−怖い病気の症状かもしれません。 一度は、きっちりと調べましょう。
    慢性頭痛でお困りのあなたへ 頭痛は持病と言ってあきらめないで下さい。
    「検査で異常なし」、「なんともない頭痛」、「ただの頭痛」、「鎮痛剤だけ飲んでおけばよい」などと他院で言われた方もあきらめないで下さい
    「検査で異常なし」と言われた所から慢性頭痛の治療は始まります
    頭痛がないときでも受診OKです。頭痛のない時こそが受診に最適です。
    慢性頭痛診療は神経内科が最適と言えましょう。
    (交通事故などの外傷による頭痛は取り扱っていません。
     外傷による頭痛は脳神経外科などの外科系診療科を受診して下さい。)

    (「脳過敏症候群」の診断や治療はしていません)

    慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、発作性片側頭痛など)の治療は、画一的でない、患者様一人一人にあわせた治療法を選択する必要があります。
    頭痛について    頭痛で受診する前の準備    頭痛の記録

もの忘れ外来(認知症外来)
    アルツハイマー型認知症 アルツハイマー病 脳血管性認知症 レビー小体型認知症 他の認知症など 
    あなたのまわりで、もの忘れや認知症でお困りの方はいませんか。
    早期診断と早期の治療開始で良い状態を出来るだけ長く保ちましょう。
    治る認知症症状もありますので、神経内科専門医での見極めが大切です。  
    アルツハイマー型認知症のお薬もあります。 
    「記憶は失われても、心は残ります」を理解した上で治療は始まります
    一度、当院でご相談下さい。
    もの忘れについて

      e-65ネット

ご家族のためのもの忘れ相談(認知症相談)
    ご本人が来られなくても、家族の方のみでもご相談可能です。
    (但し、家族の方のみでのご相談の場合は健康保険が使えません)
    (ご本人が受診された場合は、健康保険が使えます)

睡眠時無呼吸外来
    他人事ではありません。
    結構多い病気です。
    日中の眠気やだるさでお困りの方、
    時間は十分に眠ったはずなのに朝起床時にすっきりしない、
    朝起床時に頭痛がする、
    朝の血圧が高い(早朝高血圧)、
    いびきをよくかく、
    同居者に睡眠中に息が止まっていることがあると言われたなど、
    → 睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
    外来(在宅)で簡単にできる検査も用意しています。
    CPAPや在宅酸素療法等の治療もしています。
    一度、当院でご相談下さい。
    睡眠時無呼吸症候群について

 
むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)外来
    じっとしていると脚がむずむずしてきて困りませんか。
    動かしたい気分になり、動かすと楽になります。
    映画館や電車などじっと座っているとむずむずして困る
    夕方から夜間のほうが症状が強まります
    むずむず感で睡眠が妨げられることがあります
    むずむず感以外に火照り感やジンジン感など他の感じの方もおられます
    家族にむずむず脚症候群の方がおられると発症しやすくなります
    むずむず脚症候群の薬物治療も可能です
    一度、当院でご相談下さい
    ★現在、むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の治験参加者募集中です。
      治験参加者には補助金が出ます。定員に達し次第締め切りますますので、希望の方はお早めにお申し込み下さい。

パーキンソン病外来
    神経変性疾患で一番多い病気です。
    手足が震える、動作が緩慢になった、歩きにくい、転びやすくなった等の症状がみられます。
    足が悪いのではありません。原因は脳にあります。
    MRIやCT検査だけでは診断できません。血液検査でも診断できません。
    経験豊かな神経内科専門医の診察が極めて重要です。
    パーキンソン病について     パーキンソン病について(北村先生)
    脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病も神経内科が担当しています
    リハビリテーション入院が必要な場合は関連病院などにご紹介します。

神経難病
    脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病などの神経難病は神経内科が担当しています。
    リハビリテーションや入院はできません。必要な場合は連携病院にご紹介します。

方相談
    西洋薬で治療できない病気や症状でも漢方薬で治療可能なものがあります、
    漢方治療は神経疾患にも効果的なことが多くあります。
    神経疾患の漢方治療ご希望の方はご相談下さい。
    ご存知ですか
          かぜには漢方薬が最適。西洋薬より治りが早いことが証明されています。
          冷え症は西洋薬では治療できませんが、漢方薬で治療ができます
          漢方薬にも即効性がある分野が多くあります


生活習慣病:高血圧症、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、メタボリック症候群など
    脳卒中などの原因として大切です。これらの治療もしております。
 
脳卒中(脳梗塞、脳出血など)
    脳の血管の動脈硬化などで起こります。
    神経症状と危険因子をまとめて治療できる神経内科が最適です。
    当院は、慢性期の脳卒中(脳梗塞、脳出血)の治療もしております。

    (但し、当院は入院設備がありませんので、急性期など入院が必要な場合はお受けできません)

予防接種 (予防接種には健康保険は使えません)
    1)肺炎球菌ワクチン(ニュ−モバックスなど)
        2017年1月25日のNHKの「ガッテン」でも紹介されたワクチンです
        肺炎球菌による肺炎は重症化し、生命に関わることがしばしばあります。
        ご高齢の方など、肺炎になりやすい人、免疫力の低下した人にお勧めです。
        2009年10月20日より再接種可能になりました。5年目ぐらいでの再接種が適当でしょう
        ニューモバックスは2014年10月から公費補助制度が始まりました
        免疫効果がさらに高いと言われている結合型ワクチンのプレベナー13の任意接種も可能です
        ニューモバックスとプレベナー13の両方のワクチンを時期をずらして接種することが推奨されています
        ★公費補助制度:65歳以上の大阪市在住の方は公費補助があり、自己負担が軽減されます
    2)インフルエンザワクチン
        インフルエンザは予防が大切
        2017年度のインフルエンザ予防接種は実施中です
        今年はワクチン供給不足が危惧されておりますので、早めの接種をお勧めします
        ワクチンがなくなり次第、終了となります。
        ご希望の方は早めに接種されることをお勧めします
        公費補助制度:65歳以上の大阪市在住の方は公費補助があり、自己負担が軽減されます
       
AGA男性型脱毛症・プロペシア/フィナステリド外来 (AGAには健康保険は使えません)
    薄毛、脱毛(男性型脱毛症)の方に朗報!
    飲んで効く、育毛剤が発売されました。
    男性型脱毛症治療薬・「プロペシア」と言います。
    当院では、品質確実な国内一流製薬メーカー・MSD(旧・萬有製薬)製造の「プロペシア」、または、クラシエ薬品(旧・カネボウ薬品)の安価なジェネリックの処方の選択が可能です。
    男性型脱毛症について
    (注意)プロペシア/フィナステリドにつきましては、薬代だけでなく、診察代、検査代など、関連費用全部が保険が効きません。
                診察、検査なしでは処方できません。
 
EDレビトラ外来 (EDには健康保険は使えません)
    ED治療について
    (注意)レビトラにつきましては、薬代だけでなく、診察代、検査代など、関連費用全部が保険が効きません。
               診察、検査なしでは処方できません。